Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ


    『ヌンチャク』について語ろう


    も本部御殿手のように流派によってはヌウチクなどとも呼ばれ、フィリピンではタバクトヨク、中国語では双節棍(福建語の発音はヌンチャクン)、両節棍、双截棍とも表記される。 ヌンチャクは沖縄古武術の武器として知られるが、起源には諸説がある。沖縄では馬具「ムーゲー」からの発生説が一般にはよく知られている
    16キロバイト (2,560 語) - 2017年12月5日 (火) 12:07



    「ヌンチャク」とは、かつてブルース・リーの映画

    「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」で有名になりましたね。

    ブルースの巧みなヌンチャク捌きがかっこよく、

    あこがれて、実際に手にしたことがある方も多いはず

    果たして「ヌンチャク」とはなんなのでしょうか?

    【『ヌンチャク』について語ろう】の続きを読む


    『燃えよドラゴン』を語る



    世界中をクンフーブームを巻き起こした伝説の映画「燃えよドラゴン」未だに世界のどこかで上映されておりドラゴンブームは健在ですね。

    <関連する画像>




    (出典 i.pinimg.com)

    (出典 blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp)

    (出典 image.middle-edge.jp)

    (出典 eiga.k-img.com)

    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)

    (出典 kakutei.cside.com)

    <ツイッターの反応>


    金曜日も早く飲みに行きたい
    @polyvalentfx

    映画「燃えよドラゴン」で闘いの最中にリラックスしているエキストラがいる

    2018-06-24 17:18:13

    (出典 @polyvalentfx)

    ニャー丸卍くノ一女子大生
    @cat_ninja2

    @ayano60 燃えよドラゴンみたいな名前ですね。どこに売ってますか?

    2018-06-24 16:48:21

    (出典 @cat_ninja2)

    nan00000008
    @nan00000008

    考えるな、感じろDon't think, feel...燃えよドラゴン

    2018-06-24 15:48:38

    (出典 @nan00000008)

    三一十四四二三
    @31104423

    (続き)「燃えよドラゴン」のブルーレイが出た時も「画質が悪い!」とレビューがあり、恐る恐る買ってみたら、ちゃんとDVDよりは良い画質だったことがあった。そのことを当時やっていたブログに書くと「DVDと比べたら良いのは当たり前や… https://t.co/0D1cdETbP0

    2018-06-24 15:42:12

    (出典 @31104423)

    m-i グノーシスこそ正義(無知は罪なり)
    @mi4731834005091

    燃えよドラゴン。ブルース・リー最後の映画です。今の世界、現実を前からブルースは解っていて、差別主義、奴隷、人間とは何か?を映画の中で語っていました。周りには敵はいない皆仲間だと。肌色は関係ない。ブルース・リーが道場を立ち上げた時、一番目の弟子は黒人でした。

    2018-06-24 13:07:36

    (出典 @mi4731834005091)


    『KISS OF THE DRAGON』についてまとめてみた


    キスオブドラゴン』 (Kiss of the Dragon) は、2001年に公開されたアクション映画。ジェット・リー主演、リュック・ベッソン制作。 麻薬捜査のために中国からパリにやってきた捜査官リュウは、地元警察のリチャードとともにフランスー中国間で麻薬密売を行うギャングのソングの逮
    5キロバイト (211 語) - 2018年5月15日 (火) 06:47



    ジェット・リー主演、リック・ベンソン監督のタッグ作品、
    ジェット・リーのクンフーが大迫力満載!
    見どころは悪党とのバトル!道場での戦いはブルース・リーの
    「ドラゴン怒りの鉄拳」を彷彿されます。
    かなり前の作品ですが、いつ見ても興奮してしまいます。

    【『KISS OF THE DRAGON』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ