Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ


    『燃えよデブゴン 正義への招待拳』熱血サモ・ハン主演


    燃えよデブゴン 正義への招待拳』(原題:鹹魚番生、英題:By Hook or by Crook)は、1980年香港製作のサモ・ハン・キンポー主演作品。日本では『燃えよデブゴン2』と称される場合もある。 ブルース・リー主演の「ドラゴン」シリーズへのオマージュだった『燃えよデブゴン』とはストーリーの関連性が全くない作品である。
    5キロバイト (540 語) - 2017年6月18日 (日) 09:13



    邦題は「燃えよデブゴ」第2弾です。
    第1弾は「ブルース・リー」のオマージュにあふれていましたが、
    この作品とはまったく関連性はありません。
    名優?「ディーン・セキ」や怪優「カール・マッカ」もスキンヘッド
    警官役で出演していますね。

    【『燃えよデブゴン 正義への招待拳』熱血サモ・ハン主演】の続きを読む


    『ドラゴン危機一髪』ブルースのゴールデンハーベスト第1弾


    日本題名『ドラゴン危機一発』は、同じく第2弾である『007 危機一発』(後に『007 ロシアより愛をこめて』に改題)をもじったもので、ストーリーとは全く関係ない。『ドラゴン危機一髪』と表記するのは誤りである。 イギリス統治時代の香港映画には、第一公用語である英語の原題が必ずあったが、なぜかアメリカの劇場公開版では本作(The
    11キロバイト (1,298 語) - 2017年7月2日 (日) 15:40



    ブルース・リー主演、ゴールデンハーベスト第1弾です。
    邦題はなぜか?「ドラゴン危機一髪」ストーリーとは無関係ですね。
    ブルース・リーのクンフーのインパクト大で、当時の香港では
    大ヒットしました。

    【『ドラゴン危機一髪』ブルースのゴールデンハーベスト第1弾】の続きを読む


    『デッドヒート 』ジャッキー念願のクルマ映画


    デッドヒート (dead heat) 「同着」「同点」「無意味な争い」「互角の競走(競争)」「どうでもいいこと」などを意味する英単語。本来は競馬で「同着」「無効試合」を意味する用語であったが、日本語ではゴール間際や優勝決定直前の猛烈な接戦を表す表現として、スポーツ全般について用いられる。ヒートレースを参照。
    1キロバイト (120 語) - 2017年1月21日 (土) 08:06



    カーマニアでもあるジャッキー・チェンの念願のクルマ映画、
    日本の仙台が舞台でしたね。
    ジャッキーと相思相愛の「三菱自動車」が全面協力しています。
    アクションはサモ・ハンが全面協力しており、
    パチンコ屋のバトルも見ものです。しかしパチンコ玉でかい?
    隣がサウナで、紋々入れ墨のヤクザ?ちょいと勘違いな日本感も
    いいですね。

    【『デッドヒート 』ジャッキー念願のクルマ映画】の続きを読む

    このページのトップヘ