Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    2017年06月


    『黄飛鴻』誰もが憧れた実在のヒーロー


    (こう ひこう 繁体字: 黃飛鴻; 簡体字: 黄飞鸿; ピン音: Huáng Fēihóng ; ウェード式: Huang Fei-hung, Wong Fei-hung; 粤拼: Wòhng Fèihùhng)は清末民初の武術家、医師である。元の名は黄錫祥、字は達雲、幼名を黄飛熊と名乗る。
    6キロバイト (918 語) - 2016年12月5日 (月) 12:12



    実在した清朝時代末期の武道家でもり、医師でもある。没後、彼の伝説が広まって、数々の映画にもなりました。ジャッキ―・チェンも出世作「酔拳」で青年時代を演じ、ジェット・リーは「ワンス・アポン・ア・タイム・チャイナ」で武術を熱演していました。そしてサモ・ハンの映画でも登場し、数々のスターが演じていましたね。「ラウ・カーリョン」の父は孫弟子にあたるそうです。

    【『黄飛鴻』誰もが憧れた実在のヒーロー】の続きを読む


    『新死亡遊戯』についてまとめてみた


    プロデューサーで俳優のジミー・ショウと契約し、「ブルース・リィ(黎小龍、Bruce Li)」という芸名を与えられる。 リィは軍役を終えるまでに『死亡遊戯/7人のカンフー』に出演するが、この映画で人生を台無しにすることになる。伝記映画『唐山截拳道』(1976年、日本未公開)への出演でスターになるき
    4キロバイト (624 語) - 2015年11月12日 (木) 15:06



    ゴールデンハーベストの元祖「死亡遊戯」よりも先に公開、主演はブルース・リーのそっくりさん「ブルース・リイ」です。しかし・・・チープすぎるに尽きる。稚拙なストーリーにセット、アクションシーンに迫力なし。世界の強豪??全くダメダメとため息が漏れてしまう。「ブルース・リイ」の動きはそれなりなので、もう少しなんとかならないものか?ヌンチャクは全然ダメだった・・・ショウ・ブラザーズは名作を作っていたのに、これはどうにもならない駄作でした。怖いもの見たさにはうってつけ

    【『新死亡遊戯』についてまとめてみた】の続きを読む


    ユン・ピョウデビュー作『モンキーフィスト 猿拳』


    チャンスがあれば監督になるつもりだったが、「お前は顔がいいから武術指導より役者に向いている」というサモ・ハン・キンポーの勧めで『モンキー・フィスト 猿拳』に主演で本格デビューを果たし、『ユン・ピョウINドラ息子カンフー』『プロジェクトA』や『スパルタンX』で一躍スターとなる。
    55キロバイト (7,377 語) - 2017年4月16日 (日) 15:41



    サモ・ハンが後輩ユン・ピョウを初主演に大抜擢をした作品、21歳の若々しいユン・ピョウがユーモアのあふれる中でもキレのあるクンフーが輝る!また「ブルース・リー」を思わせる足技やテーブルの上の連続バク転ユン・ピョウの身体能力高さも堪能できます。共演もちょい役でマース、カール・マッカ、レオン・カーヤン、ラスボスは「ラウ・カーウィン」とサモ・ハンならではのチョイスなかなか面白い作品ですね。

    【ユン・ピョウデビュー作『モンキーフィスト 猿拳』】の続きを読む


    『燃えよデブゴン7』動けるデブのアクション


    猿拳)(1979年)※DVDリリース履歴あり。 燃えよデブゴン6(燃えよデブゴン 豚だカップル拳)(1979年)※2015年6月27日DVDリリース予定。 燃えよデブゴン7燃えよデブゴン7 鉄の復讐拳)(1979年)※DVDリリース履歴あり。 燃えよデブゴン8 クンフー・ゴースト・バスターズ(妖術秘伝・鬼打鬼)(1980年)※DVDリリース履歴あり。
    11キロバイト (1,335 語) - 2017年6月1日 (木) 07:48



    サモ・ハン「デブゴン」シリーズです。後輩ユン・ピョウと「ヤングマスター」でもお馴染みウェイ・パイとの共演していますね。若きサモ・ハンのキレ味のあるアクションクンフー作品です。

    【『燃えよデブゴン7』動けるデブのアクション】の続きを読む


    『少林寺三十六房』を語る。


    父親(劉湛)も武術家だったが、本人も洪家拳の達人であり、初期カンフー映画のアクションスターでもあった。1970年代以降は監督としても『少林寺三十六房』『阿羅漢』など多数の作品を手掛け、また武術指導者としてもユエン・ウーピンと並ぶ香港映画界の重鎮である。
    5キロバイト (514 語) - 2016年9月22日 (木) 13:58



    少林寺ブーム映画の名作にひとつですね。有名な「少林寺」(ジェット・リー主演)‘82年公開でしたが、本作は‘78年の公開なので、こちらが先でした。主演のリュー・チャーフィーと義兄ラウ・カーリョンのタッグで完成度が高いですね。リュー・チャーフィーはスキンヘッドの少林僧役が大当たりしましたね

    【『少林寺三十六房』を語る。】の続きを読む

    このページのトップヘ