Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    2017年08月


    『ディック・ウェイ』スターになれなかった名俳優


    日本語吹替2 ドラゴン ジャッキー・チェン 石丸博也 フェイ サモ・ハン・キンポー 水島裕 ジャガー ユン・ピョウ 野島昭生 古谷徹 サン ディックウェイ 石田弦太郎 大塚明夫 パール イザベラ・ウォン 戸田恵子 海上警察司令官 ラウ・ハクスン 上田敏也 樋浦勉 チー総監 クワン・ホイサン 及川ヒロオ
    16キロバイト (1,767 語) - 2017年7月3日 (月) 13:21



    「ディック・ウェイ」と言えば、「誰?」って感じですが、「プロジェクトAの海賊の頭領だよ」言えばピンときますね。武術にも長けて、演技もできる完璧な俳優ですが、なかなか時運にも恵まれなかったりして、サモ・ハンやユン・ピョウジャッキ―・チェンらの映画で悪役も演じていました。その他にも脇役で出演するも芽が出ず、埋もれてしまいました。現在は台湾の映画界で裏方をしているとのことです。「プロジェクトA」の海賊役では、1人でBIG3+マースとの立ち向かい、これでブレイクするかと思いましたが残念ですね。

    【『ディック・ウェイ』スターになれなかった名俳優】の続きを読む


    『テコンドー』華麗な足技が特徴の武道


    テコンドーまたは跆拳道(たいけんどう)は、朝鮮半島に伝わる武術を集積したものであり、韓国で創始されたスポーツ・格闘技の一種である。日本の松涛館空手を基礎としており、空手と比べて多彩な蹴り技が特徴。「跆拳道」の「跆」は、踏む・跳ぶ・蹴る等の足技、「拳」は突く、叩く、受ける等の手技、「道」は武道を意味する。
    33キロバイト (4,571 語) - 2017年7月17日 (月) 22:34



    「テコンドー」は朝鮮半島発祥の武道です。朝鮮古武道と日本の空手がベースとなっており、「足のボクシング」と呼ばれるくらい足技が特徴の武道です。韓国系はオリンピック競技になり、北朝鮮系だと武道大会がメインですね。「テコンドー」の達人はクンフー映画でも活躍しております。特に有名なのは「黄 正利(ウォン・チュンリー)」ですね。彼の華麗なハイ・キックは見事でしたね。悪役でしたが・・・

    【『テコンドー』華麗な足技が特徴の武道】の続きを読む


    香港映画の奇才「周 星馳(チャウ・シンチー)」


    周星馳 (チャウシンチーからのリダイレクト)
    周 星馳(チャウシンチー、英: Stephen Chow)は映画監督、俳優。愛称は星爺(シンイェ)。 『詩人の大冒険』で初監督。日本では映画『少林サッカー』(2001)で一躍その名を知られるようになった。 『少林サッカー』で、香港映画歴代興行収入の記録を塗り替え、2002年に日本ブルーリボン賞
    12キロバイト (1,074 語) - 2017年8月4日 (金) 16:42



    日本で大ヒットした「少林サッカー」で一躍有名になりましたね少林拳とサッカーの融合はの奇想天外な作品で,久々に香港映画界に新風を巻き起こしましたね。次作「カンフー・ハッスル」は、往年のクンフースターを集結させ、ユン・ワーや長年映画界から遠ざかっていた「ブルース・リャン」を登場させ、クンフーへのリスペクトが込められたコアな作品で、「ありえねー」が売りでしたね。

    【香港映画の奇才「周 星馳(チャウ・シンチー)」】の続きを読む


    『ジャッキ―・チェン失言』



    ジャッキ―・チェンは馬鹿正直すぎてしまうのか?数々の失言をしてしまって、顰蹙を買っているようですね。大スターなので、言葉の前後が切り取られてしまって、そこの部分がクローズアップされてしまうことも・・・言葉にフィルターを掛けずに発してしまうととんでもないしっぺ返しもあるというのに、どうにもこうにもとまらないですね。

    【ジャッキ―・チェンは失言王】の続きを読む


    『ツイ・ハーク』についてまとめてみた


    ツイハーク(繁体字: 徐 克; ピン音: Xú Kè; 粤拼: Chuei4 Hak1, Tsui Hark, 1950年2月15日 - )は、香港の映画監督、脚本家、映画プロデューサーである。 祖先は広東省海豊県出身。ベトナムに生まれ、少年時代を過ごす。ベトナム戦争の難民として1966年に香
    13キロバイト (1,298 語) - 2017年7月15日 (土) 12:38



    ツイ・ハークは、今では当たり前になっている「ワイヤーアクション」をいち早く取り入れたことでも有名な映画監督ですね。監督作品としてはジェット・リー主演「ワンスアポンアタイムチャイナ」など武侠映画やアジア圏で大ヒットした「男たちの挽歌」をヒットさせ「香港ノワール」を確立させましたね。また「ダブルスチール」でハリウッドにも進出しました。監督ばかりではなく俳優として、主にカメオ主演ですが、出演しています。最近ではサモ・ハン監督作品にも出演していました。

    【『ツイ・ハーク』についてまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ