Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    2017年09月


    『ドラゴン特攻隊』ジミーウォング&ジャッキー共演の迷作


    ドラゴン特攻隊』(ドラゴンとっこうたい、原題:迷你特攻隊、英題:Fantasy Mission Force)は、1982年製作の台湾・香港合作のアクション映画。チュー・イェンピン監督、ジミー・ウォング製作・主演。 第二次世界大戦下の中国を舞台に、日本軍に捕らわれた連合軍捕虜の救出作戦に従事する寄せ集め部隊の活躍を描く。
    8キロバイト (999 語) - 2017年8月21日 (月) 06:11



    第二次世界大戦下の中国で、日本軍に捕らわれた連合軍捕虜の
    救出作戦に従事する寄せ集め部隊(ドラゴン特攻隊)を描く、
    ジミーウォング制作、ジャッキーは主演ではないですが、
    宣伝では全面に押し出されています。
    幽霊やらアマゾネスやらなんとも何でもありでやりたい放題、
    個人的にはよくわからない作品。
    ジャッキーは契約トラブルで、解決してくれたジミーウォングへの
    恩返し出演したとも言われており、本人はどんな気持ちだったのか?

    【『ドラゴン特攻隊』ジミーウォング&ジャッキー共演の迷作】の続きを読む


    『サンダーアーム』アジアの鷹シリーズ第一弾


    サンダーアーム/龍兄虎弟』(サンダーアーム りゅうけいこてい、原題:龍兄虎弟、英語題:The Armour of God)は、1986年に香港で制作され、同年8月に日本で公開されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 数千年前、世界中に散逸した5種の神の武器を集め、世界を支配しようと企
    7キロバイト (524 語) - 2017年9月3日 (日) 12:21



    JC映画で人気のある冒険アクション「アジアの鷹シリーズ」第1弾
    この作品でジャッキーは瀕死の重傷を負いましたね。
    エンディングでその模様が流れて痛々しいシーンがインパクトありましたね。


    【『サンダーアーム』アジアの鷹シリーズ第一弾】の続きを読む


    『リチャード・ン』胡散臭さ漂う名優


    リチャード(リチャード・ウン、呉耀漢、Richard Ng、1939年12月17日 - )は、香港の俳優。 1955年にイギリスに渡り、ミルフィード・パブリック・スクールに学ぶ。在学中に演劇にのめり込み、歯科医を目指してロンドン大学に入学するが、2年後に演劇科に移籍。大学在学中からイギリスの
    3キロバイト (401 語) - 2017年8月18日 (金) 14:56



    「リチャード・ン」と言われてもピンは来ません。しかし
    画像を見ると、よくわかりますよね。。。
    端正な顔立ちにちょび髭!イケメンのようで胡散臭さ満点!
    サモの「福星シリーズ」ではお馴染みです。
    また「霊幻道士」にも出ています。最新作も「霊幻道士シリーズ」です。尚、ジャッキーの「スキップ・トレース」でもちょこっとでてます

    【『リチャード・ン』胡散臭さ漂う名優】の続きを読む


    『エリック・ツァン(曾志偉 )』香港のバイプレーヤー俳優


    曾志偉 (エリックツァンからのリダイレクト)
    曾 志偉(エリックツァン 英名Eric Tsang 1953年4月14日 -)は香港の俳優・映画監督・プロデューサー及び司会者である 。 16歳の時からプロのサッカー選手として活躍して、香港代表にも選ばれていたが怪我のために引退。その後映画界に転進した。当初はスタントマンとしての活動であったが
    9キロバイト (1,067 語) - 2017年9月1日 (金) 16:59



    エリック・ツァンは元プロサッカー選手から俳優になった変わり種
    サモ・ハン映画ではコメディチックな役だったり、
    「インファイナル・アフェア」ではマフィアのボスだったりと、
    スタントマン上がりなのでクンフーもいける!
    サミュエル・ホイの「悪漢探偵」や途中で降板しましたが
    ジャッキーの「サンダー・アーム龍兄虎弟」で監督もやっていたり、
    人気テレビ番組の司会者だったり、まさにバイプレイヤー俳優です。

    【『エリック・ツァン(曾志偉 )』香港のバイプレーヤー俳優】の続きを読む


    ジャッキー・チェン最新作『スキップ・トレース』を見てきた・感想



    ジャッキー・チェン「スキップ・トレース」面白い!
    御年63歳になったというのに、アクションシーンで相変わらず
    体を張っていましたね。肉体年齢はまだまだ若いです。
    今回のバディはジョニー・ノックスヴィル!刑事と詐欺師の逃亡劇
    ロシアマフィアの女子とのバトル、モンゴル相撲取りとのバトル
    筏での激流下り!アクションの中にユーモアがあるのが、
    やっぱ「ジャッキー映画」ほんと楽しい作品でした!おすすめです。

    【ジャッキー・チェン最新作『スキップ・トレース』を見てきた・感想】の続きを読む

    このページのトップヘ