シー・キエンといえば「悪役」

シー・キエンといえば、真っ先に思い浮かぶのは、 ブルース・リー「燃えよドラゴン」での
ボスキャラ「ハン」 当時、還暦近いのにブルースとの 一騎打ちはスゴい!


s-keywordsuggest
                出典;s-keywordsug

 この悪人ヅラがたまらんですね。やや乱れたオールバック(若干、オニぞり)が渋い!


s-mattarisanexblog











 


出典:s-mattarisan.exblog.jpg



また、ジャッキー映画「ヤングマスター」でも警察署長役でユン・ピョウの
父親役でしたね。ややコミカルなキャラでした。


jp
           出典;s-omnibot.exblog.jp


そして、MrBooでも、マヌケなギャングの親分でした。まんま「ハン」でした。

s-smile
            出典:s-smile

本格的な悪役やコミカルな役、香港ノワール「男たちの挽歌 アゲイン」でもひかる演技、
どんな方なのか?まとめてみました。



『シー・キエン』についてまとめてみた


シーキエン(セッ・キン、石堅、1913年1月1日 - 2009年6月3日)は、香港の俳優。 ブルース・リー主演の『燃えよドラゴン』のハン役で知られているが、自身も武術の達人であった。 広東省生まれ。子供の頃は病気がちで、体を鍛える為に武術を学んだ結果、少林拳の達人となった。
4キロバイト (503 語) - 2015年10月21日 (水) 13:58