『馮克安』についてまとめてみた



馮克安(フォン・ハックオン)と言われても??誰って感じ?顔を見れば「あっ知ってる~」ではないでしょうか。日本の名優「蟹江敬三」に似ていますね。ジャッキ―の映画では、ジャッキーに立ちはだかるライバル、もしくは「中ボス」キャラを演じ「成家班」の中心として大活躍「ポリス・ストーリー」でのバトルはスゴすぎる。サモ・ハンの映画でも、憎々しい悪役を演じていました。彼はクンフー映画ではなくてはならない「名悪役」でしたね。90年代はやや退き気味でしたが、「カンフーハッスル」では琴波動拳の使い手で健在ぶりを発揮していました。しかし、食道がんで65歳で逝去されました残念です。




<関連する画像>




(出典 www.mybb.com.hk)

(出典 cdn.mydramalist.info)

(出典 img.chinatimes.com)

(出典 fs.mingpao.com)

(出典 fs.mingpao.com)

(出典 img.zwbk.org)

(出典 hk.on.cc)

(出典 ww4.sinaimg.cn)

(出典 imgapi.nownews.com)

<ツイッターの反応>


鷲谷花
@HWAshitani

―というようなことはたぶんすでに書かれているんだろうという気も。『大酔侠』の玉面虎から『贊先生與找錢華』の馮克安氏の役(妖しい色気全開)までの「白塗り化粧でジェンダーの曖昧な人物」は「恐るべき敵」だけど、『敗家仔』の林正英先生は「高潔なヒーロー」なので、孤高の画期性があると思う

2017-05-22 10:16:40

(出典 @HWAshitani)

鷲谷花
@HWAshitani

胡金銓と映画監督・洪金寶はかなり明瞭に繋がっているように思えて、『大酔侠』の玉面虎、『龍門客棧』の曹少欽、『忠烈図』の博多津(これサモ・ハンご本人の役)ら胡金銓監督作品の敵役が、『贊先生與找錢華』の馮克安、『敗家仔』の林正英に繋がる。ただ、後者の粤語文化へのこだわりが前者にはない

2017-05-22 10:12:44

(出典 @HWAshitani)

LEE
@TAtvj

@TAtvj どうなるんだろメインキャストで亡くなったのは馮克安だけだから可能かな…?つーか中国語読めないのつらい

2017-05-21 12:54:29

(出典 @TAtvj)

鷲谷花
@HWAshitani

胡金銓監督作品には、化粧していたりジェンダーがちょっと曖昧な感じだったりするボス格の敵がよく出てきて、『龍門客棧』だと敵にも味方にもジェンダーの曖昧な人がいる。それが『敗家仔』の林正英先生や、『贊先生與找錢華』のラスボス馮克安氏に繋がり、後々まで引き継がれていってるようにも思う

2017-05-16 01:39:56

(出典 @HWAshitani)