「ジークンド―」もうひとつの流派「オリジナル派」テッド・ウォン師父


振藩功夫から昇華した截拳道は、ブルース・リーの名声とともに格闘家・武術家のみならず世界中の人々から注目を浴び、その評価は高まる一方である。 テッドウォン:ブルース・リーの直弟子でありスパーリングパートナー。リーが最終的に自身のファイティングスタイルと定めた截拳道を受け継いでおり、その普及に努めた。
6キロバイト (677 語) - 2017年8月10日 (木) 13:18



「ジークンド―」は型にこだわらず良いものは取り入れていくまさにブルース教えであり、クンフーにさまざまな格闘技のエッセンスを取り入れてきました。しかし流派ができてしまいましたね。一つはダン・イノサント師父のコンセプト派でフィリピン武術など幅広く練習しているのに対し、もうひとつはテッド・ウォン師父「オリジナル派」で、ブルースの編み出した拳法をシンプルなスタイルどちらともブルースの教え通りで、どちらも正しく甲乙つけがたいですね。




<関連する画像>




(出典 www.tinydragon.jp)

(出典 webhiden.jp)

(出典 webhiden.jp)

(出典 webhiden.jp)

<ツイッターの反応>