『ブルース・リャン(梁小龍)』鋭い蹴り技の達人


チャン・クォックワン(陳国坤) 斧頭会の組長。通称サム。火雲邪神を怒らせたため殺される。 ティン・カイマン(田啓文) 斧頭会組長の相談役。 ブルースリャン梁小龍) 見た目はただの中年男性だが、その正体は最強の殺し屋、火雲邪神。この作品では崑崙派蛤蟇功の使い手。その凶悪さから長い間、牢獄に閉じ込められていた。
9キロバイト (851 語) - 2017年7月16日 (日) 16:55



1964年香港出身、ショウブラザーズで武術指導を経て俳優に幼少の頃から、空手やテコンドーを習得しており、鋭くスピーディーな華麗な蹴り技が持ち味でしたね。倉田保昭やジャッキー・チェンとの共演もありましたね。名前からすると「ブルース・リー」との関連性があるような気がしますが、全くつながりはありません。倉田保昭も「リーと甲乙つけがたい」とのことで、実力は一流ですね。80年代は映画から離れていましたが、2000年代になって、「カンフーハッスル」でボスキャラを怪演、腕は全く錆びてなく華麗な蹴りは健在でしたね。




<関連する画像>




(出典 logo-imagecluster.img.mixi.jp)

(出典 livedoor.blogimg.jp)

(出典 www7a.biglobe.ne.jp)

(出典 i.ytimg.com)

(出典 www.geocities.co.jp)

(出典 blogimg.goo.ne.jp)

(出典 blogimg.goo.ne.jp)

(出典 www.geocities.co.jp)

(出典 tobarinkawaminami.c.blog.so-net.ne.jp)

(出典 blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp)

(出典 blogimg.goo.ne.jp)