『かわいい女』チンピラ役の無名時代のブルース・リー


かわいい女』(Marlowe)は、1969年製作のアメリカ映画。アメリカの代表的ハードボイルド小説作家レイモンド・チャンドラーの『かわいい女』(The Little Sister)の映画化作品。ポール・ボガート監督。 日本においては、ブルース・リーが無名時代に殺し屋・ウィンスロウ・ウォン役で2シー
2キロバイト (121 語) - 2016年4月15日 (金) 16:04



ブルース・リーが無名時代にちょい役で、殺し屋役?で、奇声を上げながら部屋で暴れまわったり、さらには主人公から「このちびのゲイ野郎!」と言われて、憤慨して飛び蹴りを見舞うがあっさりとかわされてビルから転落するマヌケなチンピラみたいな役で信じられないくらいカッコ悪い。しかし、インパクト大に効果はあったのかもしれません。




<関連する画像>




(出典 wing-auctions.c.yimg.jp)

(出典 livedoor.blogimg.jp)

(出典 tennenzinen.com)

(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

(出典 img.youtube.com)

(出典 upload.wikimedia.org)

<ツイッターの反応>


絹ごし妹子姐さんは残業週間中
@imoko510

ブルース・リーみたいなジャージ着てるのにかわいいってなんなの…どこぞの女よりもかわいいって……

2017-08-17 23:54:55

(出典 @imoko510)