『片腕カンフー対空とぶギロチン』カルト的な作品


勝新太郎(ニセ者)がアヤシイ中国人相手に大暴れ!? とんでもない封印“珍”映画『盲(めくら)坊主対空飛ぶギロチン』 - TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)
そして両作の要素を合わせた『片腕カンフー対空とぶギロチン』(75年、日本公開78年)が製作され、日本や欧米で絶大なカルト人気を呼ぶ。作品の大ファンであるクエンティ・タランティーノは、『キル・ビル』でGOGO夕張(栗山千明)が振り回した武器にオマージュを込めた。
(出典:TOCANA (風刺記事) (プレスリリース))


片腕カンフー対空とぶギロチン』(原題:獨臂拳王大破血滴子)は、1975年の香港のカンフー映画。日本では1978年に松竹の配給で劇場公開された。ジミー・ウォング監督、脚本、主演。第一影業製作。英語題名については配給会社やビデオ化によりMaster of the Flying Guillotine(米国)、One-Armed
8キロバイト (951 語) - 2017年8月29日 (火) 14:41



(出典 blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp)


ジミーウォング主演「片腕カンフー」の続編、
荒唐無稽なストーリーでしたが、人気ありましたね。
ハリウッド映画「キル・ビル」でもオマージュされていましたね。






(出典 im6-a.mbokimg.dena.ne.jp)

(出典 summaars.net)

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

(出典 pds.exblog.jp)

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

(出典 pbs.twimg.com)

(出典 tn-skr3.smilevideo.jp)