Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    カテゴリ: アクション


    『ユー・ロングァン(于榮光)』は隠れた名優


    ユー・ロングァン (于榮光からのリダイレクト)
    ユー・ロングァン(于榮光、Yu Rongguang、1958年8月30日 - )は中国北京出身の俳優、監督、脚本家、プロデューサー。京劇出身。1985年に映画界に入る。 ()内は原題、公開年など。 少林寺・激怒の大地(木綿袈裟 1983年) 天山回廊 ザ・シルクロード(海市蜃楼 1987年)
    6キロバイト (886 語) - 2016年2月8日 (月) 20:51



    「ユー・ロングァン」はジャッキー映画でも、ちょいちょい登場して重要な役を演じていましたね。「ベスト・キッド」では、いじめっ子の悪い師匠役、「新ポリスストーリー」では隊長でジャッキーに激を入れる役。なんだか脇役みたいな感じですが、なくてはならない重要な役をこなしています。「天山回廊(ザ・シルクロード)」のアクション映画では主役でした俳優ばかりではなく、プロデューサーや脚本家としても活動していますね。

    【『ユー・ロングァン(于榮光)』は隠れた名優】の続きを読む


    『散打』とは?


    散打(さんだ、Sanda)は中国武術での、スパーリングや組手あるいは試合に類する行為。散手 (Sanshou) とも言われ、競技の正式名称でもある。技術交流のために開かれる大会も散打大会、散手大会などと呼ばれる。日本においても様々な流派が様々なルールで大会を開催している。
    13キロバイト (1,457 語) - 2017年3月28日 (火) 12:40



    「散打」とは功夫の打撃版、中国式キックボクシングとか呼ばれていますね。各流派とかあって、各地でトーナメントも盛んに行われており、日本でもK-1のリングにも登場しています。やはり「功夫」は奥深いですね。

    【『散打』とは?】の続きを読む


    『酔拳』とは


    酔拳(すいけん、Zui Quan 、Drunken boxing 、Drunken Fist)とは中国武術の一種。まるで酒に酔っ払ったかのような独特な動作が特徴的な拳種に冠せられた総称である。 実際は中国武術に「酔拳」という名称の門派(流派)は無く、「八仙」や「東海酔拳」「武松酔拳
    10キロバイト (1,707 語) - 2016年7月26日 (火) 08:38



    ジャッキ―チェンの出世作「酔拳」若さあふれる演武がなつかしいですね。「ドランクモンキー酔拳」で酔拳が広くしられるようになりましたね。実際には映画のように酒を飲んで酔って戦う拳法ではなく、酔ったように見せかける拳法だそうですね。

    【『酔拳』とは】の続きを読む


    『黄飛鴻』実在した功夫の達人


    (こう ひこう 繁体字: 黃飛鴻; 簡体字: 黄飞鸿; ピン音: Huáng Fēihóng ; ウェード式: Huang Fei-hung, Wong Fei-hung; 粤拼: Wòhng Fèihùhng)は清末民初の武術家、医師である。元の名は黄錫祥、字は達雲、幼名を黄飛熊と名乗る。
    6キロバイト (918 語) - 2016年12月5日 (月) 12:12



    「黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)」は清時代の末期に、実在した武術家であり、東洋医学の医師でもありました。映画ではジャッキーは「酔拳」で若いころの黄飛鴻を演じて、ジェット・リーは「ワンス・アポンアタイム」で、辮髪姿で、医師でもあり功夫の達人を演じていました。

    【『黄飛鴻』実在した功夫の達人】の続きを読む


    『ブルース・リャン』伝説のドラゴン


    チャン・クォックワン(陳国坤) 斧頭会の組長。通称サム。火雲邪神を怒らせたため殺される。 ティン・カイマン(田啓文) 斧頭会組長の相談役。 ブルース・リャン(梁小龍) 見た目はただの中年男性だが、その正体は最強の殺し屋、火雲邪神。この作品では崑崙派蛤蟇功の使い手。その凶悪さから長い間、牢獄に閉じ込められていた。
    9キロバイト (851 語) - 2017年5月23日 (火) 13:35



    70年代に、活躍した「ブルース・リャン(梁小龍)」和製ドラゴン「倉田保昭」との死闘はかなり有名ですね。しばらく俳優から離れて「カンフーハッスル」で復帰、かなり老け込んで、一瞬誰だか?わかなかったですが、するどい蹴りは健在でした。「ブルース・リャン」は伝説のドラゴンの1人です。

    【『ブルース・リャン』伝説のドラゴン】の続きを読む

    このページのトップヘ