Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    カテゴリ:映画 > 香港


    『嵐を呼ぶドラゴン』70年代のドラゴンブームの傑作


    優勝し、映画界入りした。香港でも著名な“本当にカンフーのできる映画スター”のひとりである。 1971年に『上海ドラゴン英雄拳』、1972年の『嵐を呼ぶドラゴン』にて一躍、ショウ・ブラザーズの看板アクションスターとなる。張徹監督の影響を大きく受けており、『鐵馬騮』、『上海灘大亨』などでは監督も努めた。
    2キロバイト (247 語) - 2016年5月21日 (土) 17:46



    ショウ・ブラザーズ映画の傑作です。日本では70年代にブルース・リーの「ドラゴンブーム」にのって1974年に公開されました。若手2大スターが共演しているチャン・チェ監督作品ですね。

    【『嵐を呼ぶドラゴン』70年代のドラゴンブームの傑作】の続きを読む


    『ヤン・スエ』ブルース映画や「Gメン」でお馴染みのマッチョな悪役


    ヤンスエ(楊斯, Yang Sze, 1946年7月3日 - )は、香港のボディビルダー・俳優。別名はボロ・ヤン(Bolo Yeung )。 息子のジェフリー・ヤンもボディビルダー。2014年現在はアメリカ合衆国在住。 広東省出身で香港ボディビル・チャンピオンで、当地でボディビルの大会も主催
    6キロバイト (843 語) - 2017年4月7日 (金) 08:08



    「燃えよドラゴン」で、マッチョなハンの手下「ボロ」で有名です。日本のドラマ「Gメン 香港カラテ vs Gメン」で何度もGメンの前に立ちはだかる「殺し屋」で、倉田保昭らと死闘を演じていました。

    【『ヤン・スエ』ブルース映画や「Gメン」でお馴染みのマッチョな悪役】の続きを読む


    『チャウ・シンチー』奇才映画監督


    周星馳 (チャウシンチーからのリダイレクト)
    周 星馳(チャウシンチー、英: Stephen Chow)は映画監督、俳優。愛称は星爺(シンイェ)。 『詩人の大冒険』で初監督。日本では映画『少林サッカー』(2001)で一躍その名を知られるようになった。 『少林サッカー』で、香港映画歴代興行収入の記録を塗り替え、2002年に日本ブルーリボン賞
    12キロバイト (1,074 語) - 2017年5月23日 (火) 22:49



    「チャウ・シンチー」は少林サッカーで大ブレイクして、更に「カンフーハッスル」では、クンフースターを続々と出演させて、自身もブルース・リャンとのバトルは圧巻でした。「ありえねー」が彼の売りですね。

    【『チャウ・シンチー』奇才映画監督】の続きを読む


    「ホイ三兄弟」についてまとめてみた。



    ゴールデンハーベストでジャッキーと並んで、人気があったのは「ホイ三兄弟」の喜劇長男マイケル、次男リッキー、末弟サミュエルの「MrBoo」シリーズは日本でも大ヒットしましたね。マイケルはハリウッドで「キャノンボール」にジャッキーと共演、2003年に「プロジェクトBB」で初老の男を演じてました。リッキーは「プリジェクトA2」でうだつの上がらない警察役、そしてガンで逝去されました。

    【「ホイ三兄弟」についてまとめてみた。】の続きを読む


    トンファーやヌンチャクは琉球古武術?



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    クンフー映画でおなじみの武器「トンファー」「ヌンチャク」は琉球古武術が発祥なのか?

    【トンファーやヌンチャクは琉球古武術?】の続きを読む

    このページのトップヘ