Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    カテゴリ: 映画


    『ユン・ピョウ inドラ息子カンフー』についてまとめてみた



    若きユン・ピョウが辮髪姿で、ワンパクおぼっちゃまえを演じてます。監督は兄弟子「サモ・ハン」、そしてユン・ピョウに詠春拳を伝授するのが、キョンシー映画で有名な「ラム・チェイン」です。サモ・ハン自身も辮髪姿で出演しています。ユン・ピョウの身体能力はずば抜けており、クンフー技は絶妙ですね。

    【『ユン・ピョウ inドラ息子カンフー』についてまとめてみた】の続きを読む


    『少林寺怒りの鉄拳(三徳和尚興春米六)』サモ・ハン初監督作



    ブルースが逝去して、クンフー映画の冬の時代に公開されたサモ・ハン監督&主演作品です。渾身のアクロバットで「動けるデブ」を披露していました。なかなか激しい「少林モノ」です。相方には「チェン・シン(陣星)」、ジャッキー「レッドドラゴン」でボスキャラを演じていましたね。お馴染みの「ジェームス・ティエン(田俊)」、そして「ディーン・セキ(石天)」も出演しています。

    【『少林寺怒りの鉄拳(三徳和尚興春米六)』サモ・ハン初監督作】の続きを読む


    『ボブ・ウォール』ブルース・リー映画へゴリ押し出演


    ジェフリー・ウィークス)に犯罪組織の疑いが高いハンの島の内偵を依頼される。準備の為に一度帰郷したリーは家人から、数年前ハンの屈強な手下オハラ(ボブウォール)の仲間達によって追い詰められた妹スー・リン(アンジェラ・マオイン)が自害を遂げた事を聞き、ハンへの復讐を誓う。
    37キロバイト (4,783 語) - 2017年7月2日 (日) 15:49



    ボブ・ウォ―ル(ロバート・ウォ―ル)といえば、ブルース映画で敵役でブルースに立ちはだかる役でしたね。彼はブルース映画で自分を売り込むため「ドラゴンへの道」で、ボスキャラを演じた「チャック・ノリス」に便乗して、勝手にやってきたみたいですね。チャックは正式にブルースのオファーがあったのですが、勝手にやってきたボブにブルースは大激怒したようですね。しかし、「ゴリ押し」が功を制して出演できたようです。その後「燃えよドラゴン」ではオハラ役、「死亡遊戯」にも出演できて、ゴリ押しは無駄にはならかったようですね。

    【『ボブ・ウォール』ブルース・リー映画へゴリ押し出演】の続きを読む


    『ザ・ワン 』ジェット・リーVSジェット・リー?


    ワン』(原題: The One)は、2001年のアメリカ映画。 この世界には125のパラレルワールドが存在し、多次元宇宙捜査局(MVA)がその調和を保っていた。だがあるとき、アル・ゴアがアメリカ合衆国大統領を務める世界で、囚人ロウレスが元MVAのユーロウによって殺害される。ユーロウはすべて
    4キロバイト (198 語) - 2017年8月17日 (木) 09:19



    125パラレルワールドがあって、ジェット・リーが125人も存在?悪「ジェット・リー」が125人の頂点の唯一無二の「ザ・ワン」を目論み、複数の「ジェット・リー」を抹殺し能力を吸収していく残った一人の善「ジェット・リー」と対決するが・・・

    【『ザ・ワン 』ジェット・リーVSジェット・リー?】の続きを読む

    このページのトップヘ