Kung fu legend ~功夫伝説

ブルース・リー ジャッキーチェンをはじめ レジェンドたちのカンフー映画、数々の伝説を語るブログです。

    カンフー映画を語るブログ

    カテゴリ: ブルース・リー


    『ボブ・ウォール』ブルース・リー映画へゴリ押し出演


    ジェフリー・ウィークス)に犯罪組織の疑いが高いハンの島の内偵を依頼される。準備の為に一度帰郷したリーは家人から、数年前ハンの屈強な手下オハラ(ボブウォール)の仲間達によって追い詰められた妹スー・リン(アンジェラ・マオイン)が自害を遂げた事を聞き、ハンへの復讐を誓う。
    37キロバイト (4,783 語) - 2017年7月2日 (日) 15:49



    ボブ・ウォ―ル(ロバート・ウォ―ル)といえば、ブルース映画で敵役でブルースに立ちはだかる役でしたね。彼はブルース映画で自分を売り込むため「ドラゴンへの道」で、ボスキャラを演じた「チャック・ノリス」に便乗して、勝手にやってきたみたいですね。チャックは正式にブルースのオファーがあったのですが、勝手にやってきたボブにブルースは大激怒したようですね。しかし、「ゴリ押し」が功を制して出演できたようです。その後「燃えよドラゴン」ではオハラ役、「死亡遊戯」にも出演できて、ゴリ押しは無駄にはならかったようですね。

    【『ボブ・ウォール』ブルース・リー映画へゴリ押し出演】の続きを読む


    『かわいい女』チンピラ役の無名時代のブルース・リー


    かわいい女』(Marlowe)は、1969年製作のアメリカ映画。アメリカの代表的ハードボイルド小説作家レイモンド・チャンドラーの『かわいい女』(The Little Sister)の映画化作品。ポール・ボガート監督。 日本においては、ブルース・リーが無名時代に殺し屋・ウィンスロウ・ウォン役で2シー
    2キロバイト (121 語) - 2016年4月15日 (金) 16:04



    ブルース・リーが無名時代にちょい役で、殺し屋役?で、奇声を上げながら部屋で暴れまわったり、さらには主人公から「このちびのゲイ野郎!」と言われて、憤慨して飛び蹴りを見舞うがあっさりとかわされてビルから転落するマヌケなチンピラみたいな役で信じられないくらいカッコ悪い。しかし、インパクト大に効果はあったのかもしれません。

    【『かわいい女』チンピラ役の無名時代のブルース・リー】の続きを読む


    『グリーンホーネット』ブルース・リー出演テレビドラマ


    グリーンホーネット(The Green Hornet)は、アメリカのラジオ番組・テレビ番組・コミックス、あるいはその主人公である架空の人物。 デイリーセンチネル新聞社の若き社長ブリット・リード。彼の隠された姿は犯罪と戦う謎のヒーロー「グリーンホーネット
    7キロバイト (696 語) - 2017年3月15日 (水) 00:11



    1966年アメリカのテレビドラマ、犯罪と戦う謎のヒーロー「グリーン・ホーネット」ブルース・リーが演じるのは、助手「カトー」なぜか?日本人でした。ブルースの大きな動きにカメラに収まり切れなかったんだとか?彼のマスク姿は後にドニーイエンもオマージュを捧げた主演映画「レジェンド・オブ・フィスト」でも使用していましたね。

    【『グリーンホーネット』ブルース・リー出演テレビドラマ】の続きを読む


    『ドラゴンへの道』香港初ローマロケ作品



    ブルース・リー自らの制作会社第一弾「ドラゴンへの道」監督も自ら務めており、これまでクンフー映画で定番だった「復讐もの」ではない、カラッした感じでした。当初は香港から来た田舎者みたいな青年だったのが、実はクンフーの達人でマフィアをバタバタと蹴散らすシーンは最高でしたヒロインはお馴染み「ノラ・ミャオ」当時は日本でも大人気でした。後にジャッキー・チェン「ヤングマスター」でボスキャラを演じた「ウォン・インシク」が変な日本語が印象的でしたね。クライマックスのローマ遺跡のタイマン対決は迫力満点です。

    【『ドラゴンへの道』香港初ローマロケ作品】の続きを読む

    このページのトップヘ